住速~すみそく~

住まい、暮らし、生活スタイルに関するまとめブログです。 その他、お部屋探し、家具、DIY、日用品、地域などに関する情報も紹介します。

    家族・実家・ペット

    父と娘
    1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/02(日) 01:47:24.53 .net
    娘持ちの親父が寄り合って、娘の可愛さを語り合おう。
    娘の成長を喜ぶもよし、疎外感を語り傷を舐めあうもよし。

    3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/02(日) 22:38:38.27 .net
    女子中学生。
    自分の気分しだいで、甘えてきたり、無視したり…。まあ思春期だから何でも許せるよ。
    時折見せてくれる屈託のない笑顔は、ほんと最高だな。

    4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/03(月) 21:58:11.19 .net
    今日生まれた!
    里帰り出産なんでしばらく会えなくなるけど、こっちはしっかり準備頑張ろう。
    次会うのは一月後、少しは女の子らしくなるのだろうか。

    スポンサードリンク



    【娘が可愛いくて仕方ない親父たちのつぶやき】の続きを読む

    黒板にチョークで描かれたYESorNO

    1: 名前は誰も知らない 投稿日:2014/07/28(月) 03:38:06.10 ID:faosozKc0
    家賃や食費もいらず勝ち組とも言える実家住みの孤男

    生活保護は申請しても審査があり、
    不景気が酷くなっているので審査に通る確率も減ってくる。

    審査もいらない実家住みはある意味最強ではないだろうか

    8: 名前は誰も知らない 投稿日:2014/07/28(月) 16:33:07.27 ID:qwagB7tt0
    >>1
    勝ち組だとも負け組だとも思わないな。

    3: 名前は誰も知らない 投稿日:2014/07/28(月) 04:19:25.12 ID:/rXkRnrZ0
    実家に居れる環境なら別にいいんじゃないか?
    他人がとやかく言う事ではない。
    自分は独り暮らしだが、それを誇ろうとも思わない。
    実家にいるのが嫌だから外に居るだけ

    5: 萌え竜 ◆NQRyMOEDRA 投稿日:2014/07/28(月) 07:11:03.37 ID:4YCglyPO0
    孤板には実家暮らしは孤独ではないので孤男ではないと主張する強硬派もいるが、
    血縁は本人には選択権がないので、それをもって孤独でないというのはあんまりだと思う。

    7: 名前は誰も知らない 投稿日:2014/07/28(月) 08:58:31.22 ID:BdvNM73H0
    >>5
    そんな主張あるのかw

    スポンサードリンク



    【実家住みって、そんなに言われるほどダメなことじゃないと思う】の続きを読む

    棒人間イラスト

    1: 名無しの心子知らず 投稿日:2009/05/08(金) 00:27:13 ID:Nr6vf1PG
    皆さんのお宅のお子さんはどんな夜を過ごしていますか?

    寝言で今日1日の体験がわかったりどんな風にすごいていたのかと妄想してみたり。
    とんでもない格好で寝てて、次の日辛いんじゃ?と心配してみたり。
    深夜にアバラを蹴り上げられて涙目になったり。
    寝っぺの音で、深夜の音楽会。
    白目を向いた我が子の愛おしさ。

    年齢や男女の違い等も書いてくれると、共感できたりできなかったり。

    ちょっとした夜の子供の行動を語りましょう。

    3: 名無しの心子知らず 投稿日:2009/05/08(金) 01:04:27 ID:3+9UpXOs
    1歳11ヶ月 男児
    昨晩の寝言
    「とっとろ・・とっとーりょ・・・ふんーふふん・・・・やばい・・・やばいよ・・・・・ やっばっいーっ・・・」

    前半トトロの歌。後半はポニョの「まんまるお腹の~」のメロディーでやばいよを連呼・・・
    何がやばかったんだろうか。

    4: 名無しの心子知らず 投稿日:2009/05/08(金) 01:37:13 ID:vLucODNm
    7歳男児の寝言なんだけどいいかな?

    「あ~~無理無理無理無理!絶っ対無理!」
    「多分これで間違いない、フフフフ…」
    「お姉ちゃんみたいなバカになりたくないよ…」

    ハッキリ寝言を言うので夜中に激笑いすることが多いです。

    スポンサードリンク



    【【かわいすぎる】子供の寝相&寝言】の続きを読む

    このページのトップヘ